オーダーカーテンの知識

部屋の中でも大きな面積を占めるカーテンは、インテリアのイメージを大きく左右する家具の1つです。大きな家具を動かして模様替えをしたり、家具を買い換えるよりも、カーテンを掛けかえてイメージチェンジをした方が楽ですし、部屋の雰囲気も大きく変えることができるのでおすすめです。季節の花を食卓に飾るように、カーテンも気分に合わせてコーディネートできるとすれば、きっと楽しいのではないでしょうか。このような時に有効なのがオーダーカーテンなのです。

では、そもそもオーダーカーテンとは何なのでしょうか?ホームセンターなどの大型店に行くと、既製品やセミオーダーのカーテンが並んでいます。これに専門業者やインテリア店で取り扱うオーダーカーテンも含めると、カーテンには思った以上に種類があるということが分かります。

 

 

このようにカーテンには色々な種類があるのですが、そうなってくるとそれぞれどの様な違いがあるのか気になるところです。既製品のカーテンだと、そのお店に売っているものを買うだけですので分かり易いのですが、オーダーカーテンとセミオーダーカーテンはどうでしょう?この違いは普通の人には分かりにくいと思います。ですが、この3種類のカーテンにはとても大きな違いがあるのです。このページではこの「違い」を解説して見ようと思います。

普通のカーテンとの違い

価格:既製品のカーテンは数千円程度が相場ですが、オーダーやセミーオーダーの場合、大量生産ができませんので、相場は数万円程度とかなり高くなります。

 

 

品質:規制品のカーテンとオーダー・セミオーダーカーテンの生地・縫製には大きな差があります。コストを最優先にした既製品カーテンと、仕上がりを優先させたオーダーカーテンでは、品質に差がでるのはあたりまえですが、具体的には実際に吊り下げた時の見た目に大きな差となって表れます。

 

 

サイズ:既製品のカーテンは当然ですが幅や高さの細かい指定ができないため、作られたサイズから選んで購入しなければなりません。セミオーダーカーテンは製品幅が数種類と決まっており、高さだけを指定できます。そしてそれらに対してオーダーカーテンは、幅や丈だけでなく縫製方法や、生地使いやスタイルなど、本当に細かいところまでオーダーが可能となっています。

 

 

ブランド:オーダーカーテンはブランドメーカーの商品となります。

 

 

在庫:既製品カーテンやセミオーダーカーテンでは、同じ生地を探すのに苦労してしまうことがあります。しかし、オーダーカーテンの在庫はメーカーが管理しているため、家を建てた時に統一された生地で住宅一軒の窓全てを作ってトータルコーディネートをしたり、購入する時期をずらして買うということも可能です。

 

 

大体このような違いがあるのですが、これらのから大きな違いをまとめると、既製品は値段が安いく手軽に購入できるカーテンで、アパート、寮などの、一時的な住まいに向いており、インテリアにこだわりがない窓や、目隠しをしたい窓には、既製カーテンを使う方がよいでしょう。セミオーダーカーテンは品質は既製品カーテンとあまり変わらないが、サイズを指定できる利点があり、そして、オーダーカーテンはデザイン、自由度、仕上がりをすべて自分で指定できるのカーテン。という事になります。

 

カーテンを選ぶ際には、このような色々なパターンがあることを頭に置いておくと選択肢が広がります。最近では、オーダーカーテン専門店なども増えてきており、選べる色柄のバリエーション、デザインなども非常に豊富なってきています。オーダーカーテンで自分の納得のいくカーテンを作っててみてはいかがでしょうか。



check

セルドレス専門店です。お客様のご要望に合ったウェディングドレスのオーダー、販売を行っております。

袖ありウェディングドレスの販売は【Kind】

札幌市内近郊にて24時間・年中無休で営業!

札幌の便利屋

安心安全なプレミアムフードなど専門店ならではのペットグッズを取り揃えてます!

無添加 ドッグフード

楽して得する!自転車買取・売却のまとめ決定版

自転車高価買取まとめ

ボイストレーニングのことならボイストレーニングアカデミーにお任せください。舞台俳優の特殊な技術で、楽で通る声に!

滑舌教室

Last update:2015/8/20